Football Lovers

Jリーグの始まり

日本プロサッカーリーグ(Japan Professional Football League)通称 Jリーグ

1993年に10クラブで開始し、1998年までは1部のみの「Jリーグ」として最大で18クラブによって開催された。1999年からJリーグ ディビジョン1(現J1リーグ)とJリーグ ディビジョン2(現J2リーグ)の2部制に移行、2014年にJ3リーグ(J3)が創設された。

開幕戦はヴェルディ川崎 VS 横浜マリノス

記念すべきJリーグ初ゴールはマイヤー選手のミドルシュート。初年度はたくさんの有名外国人選手が来日し、Jリーグに華を添え、アルシンド、ビスマルク、ディアス、ペレイラ、エドゥーなど多くの選手が来日した。

初年度からプレーしている現役選手は三浦知良選手のみ

ご存知「キングカズ」
45歳を超えてなお現役です。
ブラジルより帰国して、ヴェルディに加入し、一躍スタープレーヤーになりました。間違いなく日本サッカー界を牽引した一人です。

2015年シーズン開始時点で、日本国内の37都道府県に本拠地を置く52クラブ(J1:18、J2:22、J3:12)が入会、また、日本フットボールリーグ(JFL)などのカテゴリーに属するJリーグ百年構想クラブが6クラブ認定されている。

ラボーナラバーズ.jpg