【日本サッカーの始まり】

Football Lovers

1873(明治6)年、英国海軍教官団のA.L.ダグラス少佐と海軍兵が来日し、東京・築地の海軍兵学寮(のちの海軍兵学校)で日本人の海軍軍人に訓練の余暇としてサッカーを教えた、というのが定説になっています。その後、東京の高等師範学校に"フートボール部"が、また、神戸尋常中学校(現・神戸高校)や神戸の御影師範学校などにサッカー部(当時は蹴球部)ができ、徐々にサッカーが広まっていきました。1918年には、全国高校サッカー選手権の前身となる日本フートボール大会(大阪)や東海蹴球大会(愛知)、関東蹴球大会(東京)など多くの大会が開催されるようになっていきました。その翌年には、イングランドからFAシルバーカップが寄贈され、それを契機に大日本蹴球協会(現・日本サッカー協会)が設立されました。

 

ラボーナラバーズ.jpg