Football Lovers

実践編

パラレラとは「並行」という意味のポルトガル語です。サイドラインと並行に走り込み、方向とスピードを変えて動き出しそれに合わせたパスを意味します。フットサルにおいては基本的な戦術であり、自陣からプレスを受けた際など相手陣内にスペースがある時に効果の高い戦術です。4人が完全に連動している方が効果は高いですが、2人だけでシュートまで持ち込む事ができることも特徴です。

ポイント

サイドラインに寄る動きは比較的ゆっくり走り、パスが出るタイミングに合わせて急加速するなど動き出しの際に方向とリズムを変えることがポイント。最初はゆっくりと走り、ディフェンスを油断させ、スピードを上げたり、逆方向に行くフェイントを入れてから縦に走るなど、ディフェンスを欺く動き出しが肝要です。

パラレラ

名称アジウの動画で解説

ボールを受ける際はボールから離れる動きの質が重要です。相手ディフェンスの死角に入り視界の外で動きフリーになる。相手ディフェンスの位置や意識によってパラレラとジャゴナウを使い分ける事も重要です。

ジャゴナウとは「斜め」という意味のポルトガル語です。その名の通り、斜めの移動やパスを行う連携プレーになります。アラやフィクソのプレーヤーがジャゴナウの動きを取り入れることで、ディフェンスが最も警戒している対角へのパスを通し、攻撃の起点とすることができます。パラレラと似た戦術であり、パラレラと正反対の動きによって、ボールを引き出す。パラレラは、縦のスペースを使う動き出しによる戦術ですが、ジャゴナウ(ジアゴナール)は、ディフェンスが縦を切ったことによって生まれた中央のスペースを使う戦術です。

ジャゴナウ

ポイント

名称アジウの動画で解説

ラボーナラバーズ.jpg