Football Lovers

ポジション

フットサルのポジションは、ゴレイロ、フィクソ、アラ、ピヴォに分けられる。

ここではポジション別に1つ1つ解説していきます。

ピヴォ (Pivô、Pívot、Pivot、Pivot)

アラ (Ala、Ala、Esterno、Winger)

ポルトガル語で「軸、中心」という意味で、サッカーで言うところのフォワードに当たる。ディフェンスを背負ってボールを受け、攻撃の起点となる役目。フットサルでは重要かつ、花形のポジションでもある。

ポルトガル語で「サイド」という意味で、サッカーで言うところのミッドフィールダーに当たる。試合中にもっともボールタッチが多いポジションで、シュートを打つ機会も多い。正確なシュートとスペースにすばやく走り込めるスピード、正確なパスが出せることが望まれます。

フィクソ (Fixo、Cierre、Difensore、Defender)

ポルトガル語で「舵取り」という意味で、サッカーで言うところのディフェンダーに当たる。ベッキ(Beque)と言う場合もある。守備力が必要なのはもちろん、攻撃時にはパス回しの中心としてチャンスメイクを担う。失点につなげない守備、相手を抜かせない高い守備力が求められます。ゲームをどのように進めていくのか判断し支持も出します。ゲームメイカー(司令塔)としての役割を持ち、クリエイティブなプレイが求められるポジションでもあります。

ゴレイロ (Goleiro、Portero、Portiere、Goalkeeper)

ポルトガル語で「ゴールキーパー」という意味で、サッカーで言うところのゴールキーパーに当たる。至近距離のシュートを防ぐ反射神経やゴールエリアを飛び出して得点を防ぐ判断力が必要で、スローイングの正確性も求められる。ミドルシュートを打ったり、5人全員で攻撃するパワープレー時にボール回しに参加することもある。

ラボーナラバーズ.jpg